ホーム > 講座詳細
お申し込みはこちらから
MOC会員の方はこちらから
三井不動産が運営するビルにお勤めの方はこちらから
  • ※定員に達している場合、キャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

【お支払いについて】

次の電子マネーをご利用くださいますようお願いいたします。
現金のお取り扱いはいたしませんのでご了承ください。

◆楽天Edy
◆交通系IC(Suica、PASMO 他)
◆nanaco

【参加費お支払い後のキャンセルについて】

キャンセル料、振込手数料を差し引いて振込みにてご返金いたします。

『江戸の坂』の正体
~500もある坂名の謎に迫る~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2018年5月23日(水)18:30~20:30
講 師 山野 勝(坂道研究家、日本坂道学会会長)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

都内には江戸時代に命名された坂が500余りも残っています。
なぜ、こんなに多くの坂名が生まれたのでしょうか。

地勢的特徴や江戸の特殊事情に言及しながら、その誕生の秘密を明らかにします。
さらに、命名の法則や名坂の条件を提示して、江戸の坂の魅力に迫ります。

  • ※受講者には、講師が執筆した『大江戸坂道探訪』を差し上げます。
著 者:山野 勝
出版社:朝日新聞出版、朝日文庫


ワーカーズフォーラムMOC

■講師プロフィール

山野 勝

坂道研究家、日本坂道学会会長(副会長はタレントのタモリ氏)
早稲田大学政経学部新聞学科卒業。
講談社 常務取締役、講談社コミッククリエイト 代表取締役社長を経て
現在は朝日カルチャーセンター、NHK文化センター、
NHK学園オープンスクールなどの「坂道講座」講師を務める。

<著書>
『江戸の坂 - 東京・歴史散歩ガイド』(朝日新聞社)
『大江戸坂道探訪』(朝日新聞出版、朝日文庫)
『江戸と東京の坂』(日本文芸社)
『古地図で歩く江戸と東京の坂』(日本文芸社)

現在『デジタルカメラマガジン』(インプレス)に「大江戸坂の事件簿」を連載中。

ワーカーズフォーラムMOC
ページトップ